2019年11月02日

PARIS PHOTO 2019

parisphoto2019_bm.jpg

あした、12年目の〝PARIS PHOTO〟へ旅立ちます!
ブースナンバーは「SE03」です。
森山大道さんの〝ドキュメンタリー映画〟もプレミア上映します!
暇を持て余している方は是非ご来場下さい!

投稿者 町口覚 : 16:11

2019年10月09日

今年最強台風接近

とても楽しみにしていた〝八戸でのトークイベント〟が、今年最強の台風接近に伴い中止になってしまいました。
残念だとは思いますが、主催者側の英断だと思います。
また八戸に行きます!

投稿者 町口覚 : 21:21

2019年09月11日

Dear Robert

match.1000_frank.jpg

どれだけ〝あなた〟の写真から学び、どれだけあなたの写真集から勇気をもらったんだろう。
あなたと一緒にマンハッタンでビールを飲んだことを昨日のことのように想い出しています。
とっても悲しいけど、あなたの残したすべての写真集は、ぼくのぞばで輝き続けることでしょう。
ご冥福をお祈りします。

本当に有難う御座いました!

投稿者 町口覚 : 00:12

2019年09月06日

禅フォトギャラリー10周年記念展

友であり同士である〝マーク・ピアソン〟の素晴らしい言葉を記します。


ギャラリーを始めたさまざまな理由の根底にあるのは、もっとやらなければならないという気持ちだった。素敵な家族とキャリアを持っていること以上に、社会にポジティヴな方法で変化を起こそうとするべきである、という感覚の芽生えが私にはあった。私の経済的キャリアは素晴らしい知的挑戦であり続けたが、もし経済的成功が私個人の幸福感をむしろ減少させているとしたら、これは社会一般にも当てはまるのではないかと思った。私はJ・S・ミルとケインズの所感に同感した。物質的な繁栄が増すと生活の質を改善できるはずだ。禅フォトギャラリーは、私自身と他の​人々の生活の質の向上に向け、ささやかながら私が調整役を果たすための手段となった。
そこで2009年に禅フォトギャラリーを開始した。理想は高いが経験はなく、純朴さと無知の塊だったが、熱意と学習意欲はあった。そして多くの友人や仲間のギャラリーオーナーからの善意、多くの写真家の作品を見せたいという情熱があった。アマンダ・ロも経験の浅い新卒だったが、私たちは一緒にギャラリーを始め、そして、彼女は10年の大部分を勇敢に働いてくれた。私たちはどちらも日本人ではない。そのため、必然的に間違いを犯し続ける。非常に多くの不利な点があるため、10年後の今ここにい続けているのは奇跡とも言える。そもそも出版社を始めるつもりはなく、これはあとからの思いつきだった。展覧会の後に作品の記録を残したいので、私たちは印刷でしか入手できないであろうシンプルな作品カタログを作った。10年後の今、禅フォトギャラリーによる130の出版物がここにある。この10周年の展覧会でそれらすべてを見せるつもりだ。

投稿者 町口覚 : 13:20

2019年07月28日

写真を貫く人、募集。

CANON GINZA Presents SHINES

いよいよ応募〆切まであと3日!
目の前をパッ! と明るくできる人たちのご応募をお待ちしています!

投稿者 町口覚 : 18:00