2021年07月20日

好書好日

朝日新聞が運営する本のサイト「好書好日」での連載「ブックデザインの冒険」にインタビューが掲載されました。

投稿者 町口覚 : 13:21

2021年06月10日

その人たちは、凄い奴らだ。 ②

その人たちは、凄い奴らだ。 本も。

投稿者 町口覚 : 12:40

2021年06月08日

その人たちは、凄い奴らだ。

kougeidaido_top.jpg

わたしはこう思うんだよ。
あなたがこう思うだったらこうしたらどうかな?
そうか、こうしたらいいんだ。
そう、こうしたらいいんだよ。

わたしはこうも思うんだよ。
あなたがこうも思うだったらこうしたらどうかな?
そうかそうか、こうしたらいいんだ。
そうそう、こうしたらいいんだよ。

いつも、このやりとりをくりかえし、本ができあがる。 そして、

わたしたちはこういう本を造ったんだよ。
あなたたちはこういう本を造ったんだね。 じゃ、
わたしが、みんなに伝えるね。

本をみんなに伝えてくれる人の存在。
それは、本がひとり歩きをはじめるために存在している、と思う。

その人たちは、凄い奴らだ。 本も。

投稿者 町口覚 : 17:01

2021年05月21日

何度でも、生まれ変わる。

kakomira_blog_210521.jpg

コロナウイルスによって再三閉扉されていたドキュメンタリー映画が、都内劇場の英断により公開されています!

本日公開された「美術手帖」に、岩間玄監督との対談記事を掲載していただきました。

こんな時だから、
こんな時だからこそ、
観ていただきたい、
ドキュメンタリー映画です!

何度でも、生まれ変わる!

投稿者 町口覚 : 10:55

2021年04月25日

吉川然作品集『Water.』発売開始

blog_210425.jpg

こんな時だから、
こんな時だからこそ、
季節が変わるごとに、
写真集を造本して発刊する。


本日 2021年4月25日 春 吉川然作品集『Water.』発売開始


それを何かに置き換え、思考を繰り返すことでスウィッチする。
敬慕の情を表す「君」という語を、いまの事象や親愛なるものへ置き換えてみる。
ぼくは吉川然の写真と言葉に、自分の中にいる「君」を感受するのです。

I’ma leave the door open

投稿者 町口覚 : 00:00