2008年05月23日

物質的誘惑

match_box_08.05.22.jpg

ジャ〜〜〜ん
デザインしちゃったよ〜〜〜
S' MORIYAMA DAIDO POSTER!
呑み屋に貼りまくろ〜、っと。
で、行くとこ行くとこでビ〜ル呑も〜、っと。

投稿者 町口覚 : 18:45

2008年05月22日

現代建築家コンセプト・シリーズ

match_box_08.05.23.jpg

上の写真は、建築家の乾久美子さんと(造本の)打ち合わせをしたときに彼女が使っていた色鉛筆に一目惚れして助手に速攻買って来てもらい最近気持ち良く塗り書きしまくっているサンフォード・プリズマカラー・ネオシリーズの蛍光色鉛筆。ホント気持ち良く塗り書きしています。
乾さんの本は九月下旬に(INAX出版から)刊行する予定で進めています。
乾さんの本の前に造本した、藤本壮介さんの『原初的な未来の建築』は、発売してすぐに増刷され売行絶好調!みたいなので安心しています。あっ? まだ打ち上げてないじゃん。そろそろ麦酒、行きましょう、ね、藤本さん。

投稿者 町口覚 : 23:50

2008年05月17日

S'MORIYAMADAIDO

match_box_08.05.17.jpg

佐内の DUST が無事刊行され売行絶好調!限定千部なのでお早めに。
で、次に俺が造本した写真集で刊行(来週書店にお目見えしま〜す)するのが森山さんの写真集。
開催中の写真展に間に合わないぐらい(すいません)の力作になっています。
テーマは “物質”。
カタチ、紙、インク。とにかく “物質” に拘りました。

モリヤマさんはこんなこと言ってます。

スポーツに縁遠いぼくにとって、たとえ無人の風景写真とは言え、競技場をテーマとした写真を撮るという作業は、とても新鮮で不思議な思いだった。そして、その思いは撮影現場からいったん離れた後の、現像やプリント、そして印刷という、本へのプロセスを辿るうちに、さらに色濃くなった。なぜなら撮影者のぼくの思惑を超えて、写された風景が、印画紙の上や印刷された紙の上で、みるみる物質化されていく感覚に強く捉われたからだ。競技場や球場というスペースが、いや、照明スタンドやネット、ゴールラインや立ち木、芝の一本一本から氷面の傷、雪粒一つに至るまで、それぞれが物質化して際立ち、鮮明なメッセージを語りかけてくるように思えた。

なんだかヤバい写真集になってる気配しません?
まぁ乞うご期待、ってことで。

投稿者 町口覚 : 19:20

2008年05月03日

GTR de DUST

match_box_08.05.03.jpg

佐内が GTR に乗って自彫した DUST を仕事場に持って来た。
GTR もピッカピッカだけど DUST もピッカピッカ。
近所をドライブ。やたら凄〜い車なことは確か。身体が緊張する。

五月五日、DUST 発売。
五月六日、次の写真集の打ち合わせ。

原点から明日へ。もう止まらない、っす。

投稿者 町口覚 : 23:37

2008年05月02日

DUST BLUE

match_box_08.05.02.jpg

対照 第二弾写真集 佐内正史「DUST」が製本所から届きました〜。
今日から佐内は表紙に必死に自彫していることでしょう。
対照 第一弾写真集 佐内正史「浮浪」の表紙は、スカーレットのアクリル。
対照 第二弾写真集 佐内正史「DUST」の表紙は、ブルーのアクリル。
俺のキーにはホルダー代わりにスカーレットとブルーのアクリル。
印刷は共に、プロセス四色同時全面グロスニス乾燥後全面グロスニス。
もちろん製本は糸縢です。

勇気と未来の写真集「DUST」は、下記ウェブサイトで、五月五日の子供の日から発売開始!

www.sanaimasafumi.jp


投稿者 町口覚 : 23:08